デグネコ本舗タイトル
 indextopFF3topFF3物語 > 01
仕切り線1
01

 その日、「風の谷」ウルの長老トパパは、自室にて、毛の薄くなった頭を抱えてうんうん唸っていた。

 少し前、地震があった。
 それはかなり大規模なもので、崖崩れで道が塞がれてしまったり、村の裏手にある風の神殿が崩壊して地中深く沈んでしまったりと、甚大な被害を及ぼした。しかし、今彼が悩んでいるのは、そのことではなかった。
 魔物。
 大地震以来、得体のしれない凶暴な獣……『魔物』が村周辺をうろつきはじめ、畑を荒らしたり、家畜を襲ったりするようになった。
 村人が襲われたという知らせはまだないものの、それも時間の問題だろうと長は思う。最悪の事態を招く前に手を打たなくてはならないが、具体的にどうすればいいのか、まったく見当がつかない。思考を巡らす彼のもとへ、数人の村人達が駆け込んできた。
「長老、大変です! ホマクが魔物に襲われました!」
「運んできた荷を狙われたようです!」
「なんじゃとッ!」
 トパパはスツールを蹴るようにして立ち上がった。急激な動きに腰が悲鳴を上げるが、そんなことに構っている場合ではない。
「場所はどこじゃ? ホマクは無事なのか?」
 問うても村人達はおろおろするばかり。
「そ、それが……」
「あの……そのぅ……」
「どうしたのじゃ。それでは何もわからぬではないか!」
 苛立つトパパの前に、落ち着いた物腰の女性(名をニーナといって、トパパの身の回りの世話をしている)が進み出て、にこりと笑んだ。
「ホマクを襲った魔物を連れてきましたよ」
「何じゃと!」
 トパパは目をカッと見開いた。
 ニーナが連れてきたのは、ボロになったカーテンや獣の革や草花で、魔物に変装した四人組。
 ひとりは、すらりと背の高い少年。いかにも素朴な村の少年らしく、てへへと照れ笑いを浮かべながら、栗色の髪をボリボリ掻いている。
 もうひとりは対照的に小柄な少年。しかし凄むように睨む蒼い目は、まるで百戦錬磨の戦士のよう。村の立派な大人でさえ、彼の相手はしたくないと思うほどの問題児。
 三人目は中肉中背の娘。年頃の少女特有の、妙に大人っぽい思考回路で、これからこっぴどく怒られるのに違いないわとげんなりしながら、肩まで伸ばした金髪を指でいじっている。
 四人目は、夜の闇を閉じ込めたように真っ黒な瞳がくるくる動く、見るからに活発そうな少女。三人目とは反対に、この状況を楽しんでいる様子。
 どれもこれも、よく知っている顔ばかり。
 四人とも、長老トパパが拾い、育てたみなしごたちだった。
「……お前達」
 呆然と呟くトパパに、ニーナが「すみません」と頭を下げる。
「魔物に変装して、食べ物を盗もうとしたようです」
「この……」
 トパパは震える手で杖を握り、「バカモンがぁ!」と雷を落とした。

  *

「まったく! この大変な時に、馬鹿をしおって!」
 カンカンに怒る長老に、子供達は、だって、と肩をすくめる。
「この頃、ロクな物食べてないんだもん」
「やっぱ、お腹いっぱい、食いたいもんなー」
「育ち盛りだからな」
「言っておくけど、私は最後まで反対したんだからねっ!」
「お前なぁ、それはズルいぞっ!」
「じゃかあしい!」
 わあわあ騒ぐ子供達を、長老は見事な杖さばきで小突き倒していく。
「痛ぇなぁ! 本気で殴らなくったっていいじゃねーか!」
「阿呆! 本気でなくてはわかるまい! 腹を空かせているのはお前達ばかりではない。ホマクが運んでいたのは、村人みんなの食料だったのじゃぞ!」
「それはわかってるけど~」
「ちぃともわかっとらーん! よいか、風の谷は、止むことのない風に守られておる故に、比較的平穏じゃ。あの大地震ですら、我らに大きな被害を与えることはできんかった。しかし村の外はひどい有り様、跡形もなく崩壊した町もあれば、魔物に襲われ壊滅した村もあるという」
 けれど子供達は、ありがたいお説教などどこ吹く風。
「会ったこともない他人の不幸より、自分のご飯だよね」
「うんうん」
「お前ら……」
 長老はガックリとうなだれた。
「お前達には、荒治療を施した方がいいようじゃな。外出を許可しよう。一度、四人だけで、風の神殿まで行ってみるがいい」
 風の神殿は、偉大な力で世界を支えるクリスタルのひとつ、風のクリスタルを祀る場所。それは村の外にあり、村の外へは成人するまで出てはならない、というのが絶対の掟。
「本来なら許されることではないが、神殿の惨状を己の目で見れば、魔物に扮して食べ物を盗もう、などとは考えなくなるじゃろうて」

 長老の考えは、間違ってはいなかった。
 が、生まれて初めて村の外へ出た子供達が、とんでもない事件を引き起こし、とんでもない事態に巻き込まれようとは、予想だにしていなかったに違いない。

NEXT→02*風の神殿跡に続く
仕切り線2
indexに戻るtopに戻るFF3topに戻る
仕切り線1